​ジルコニアの特徴

ジルコニアはジルコニウムの酸化物でセラミックスの中でも、もっとも強度や耐熱性が高い素材です。人工ダイヤモンドとも呼ばれ、スペースシャトルの断熱保護剤にも使用されています。重さはメタルセラミックスの約3分の1と軽量。歯にかかる負担も抑えられます。白さの調整も可能で自然な見た目を実現し、かつ耐久性の高い歯科技工物が完成します。

​ジルコニアのメリット・デメリット

​​     ジルコニアのメリット

  • 天然歯に似た色調を実現(レイヤリング)

  • 支台歯に金属を使用しても透けて見えない

  • 一点に負荷がかかっても割れにくい

  • 仮止めができる

  • 金属を全く使わないので、金属アレルギーの心配もない

​​     ジルコニアのデメリット

  • 歯の削る量が多くなる(レイヤリング)

  • 保険適用外のため比較的高価

ジルコニアフレーム1000MPa

​+ポーセレン(築盛)100MPa

​<曲げ強度>

<シェード>

シェードガイド色

​+多様な色調に対応

​ジルコニア レイヤリング

単冠・連結・ブリッジ(欠損部位は2歯まで)
延長ブリッジにつきましては適用外にさせていただきます。

700MPa

​<曲げ強度>

<シェード>

シェードガイド色の自然な色調

(A1〜A3.5)

​ジルコニアGr冠(グラデーション冠)

単冠・連結・ブリッジ(欠損部位は2歯まで)
延長ブリッジにつきましては適用外にさせていただきます。

1,000MPa

​<曲げ強度>

<シェード>

シェードガイド色の単色

(A1〜A3.5)

​ジルコニアS冠(シンプル冠)

単冠・連結・ブリッジ(欠損部位は2歯まで)
延長ブリッジにつきましては適用外にさせていただきます。

​オーケイ・ラボセンター

〒847-1211

​佐賀県唐津市北波多岸山53-1

09:00-19:00

TEL:0955(64)3788

FAX:0955(64)3797