トリニアの特徴

20150518123056.jpg

「トリニア(ディスク)」は、グラスファイバーと樹脂を数層で複数方向に折り合わせたものから構成されたCAD/CAM用レジンディスクです。
400MPa以上の曲げ強さを持ちながら、軽さとしなやかさを併せ持った新しい材料です。
ハイブリッドレジンを併用するため、対合歯を傷つけにくい補綴装置の作製が可能です。
さらに、修理・補綴が容易なため、こまめなメインテナンスが必要なインプラントの症例に適しています。

トリニアのフレームにセラマージュを築盛したものです。
歯科用金属と比較して自然観のある色調です。

20150518123056_1.jpg

ボーンアンカードブリッジの作製も可能です。
歯科用金属やジルコニアと比較して軽いため、補綴装置の軽量化が可能です。

20150518123056_2.jpg